« 念ずれば通ず | トップページ | 一日の充実 »

2008年1月 4日 (金)

経済地異

年明けと共にWTIの原油相場が、100ドルを突破した。Cimg4790

ほんの数年前20ドル前後だったことを思えば、

想像だにできない水準にある。

当然のことながら、省エネ対応の遅れているトラック業界などが悲鳴を上げている。

だが見方を変えると、100ドル原油は天恵かもしれない。Cimg4737

と言うのは、バイオエネルギーなどの開発を含めて、

これで思いっきり代替エネルギーの開発が進むはずだからだ。

トウモロコシ原料のエタノールも、60ドル原油なら引き合うそうだ。

それに、もともと石化エネルギーは、地球が60億年もかけて溜め込んだ資産なのだ。

いずれ枯渇してしまう。Cimg4041

地球温暖化の元凶でもあるし、一刻も早く石化エネルギー離れした方が良いだろう。

そう思えば、投機マネーに腹も立たなくなる。

しかしながら、新しいエネルギー秩序が見えるまでは、まさに経済的な天変地異が続くだろう。

|

« 念ずれば通ず | トップページ | 一日の充実 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済地異:

« 念ずれば通ず | トップページ | 一日の充実 »