« 日常と非日常 | トップページ | 訓練情報 »

2008年1月16日 (水)

改めて食を考える

そんなのは、一時的なことさ・・・。そう思いたいのは、山々だ。

だが、中国やインドの経済発展、Cimg4189

そしてバイオエネルギー需要の急増が続いている。

お陰で、世界の穀物の価格は、史上最高を更新し続けている。

それにかつての穀物輸国が、そろって輸出制限を始めている。

ロシア・・・07年11月から小麦に10%の輸出税Cimg4508

カザフスタン・・・07年10月から国内向け出荷を義務付け

中国・・・08年1月から輸出穀物に5~25%の課税

ウクライナ・・・07年11月から小麦などの輸出を制限

セルビア・・・07年8月から小麦の輸出を規制

インド・・・07年10月から小麦の輸出を禁止

と言った具合である。Cimg4188

また、世界のエタノール工場は、新増設が続いている。

そして、原油価格の高騰は、トウモロコシ価格の値上がりと連動している。

正に、金を出せば変える時代ではなくなりつつあるのだ。

一方、この国の農地は、耕作放棄地が広がり続けている。

時代の変わる間に起こっている事象なのだろうが、

この国の将来への警鐘であることは確かだ。

にも拘らず、この国では依然として薄っぺらな評論が続いている。

|

« 日常と非日常 | トップページ | 訓練情報 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めて食を考える:

« 日常と非日常 | トップページ | 訓練情報 »