« 霧の山 | トップページ | 栄枯盛衰 »

2008年1月13日 (日)

田舎の民主主義

民主主義ってやつは、一見公平に見えて、

合理的に世の中の為になるかと言うと、必ずしもそうはならない。

多くは、衆愚に流れることになる。Cimg4810

特に、末端の自治会と言う段階では、多くがその伝に位置している。

その地域のために、最良の人を選んで、その人に託する。

それが選挙なのだが、各種の選挙と同じようにきれいごとは建前になる。

今日は、私の住むところで次期自治会長を選ぶ会を催した。Cimg4830

61歳から66歳までの者で選挙となったのだが、無条件で年長者を選ぶ。

自治会長のやり手の無いことも問題なのだが、他力本願な自治意識がどうも気になる。

自治会と言えども、その形だけ有れば良いような、

高度経済成長期のような時代はもう終わったのだ。Cimg4831

自らが自らのことを考えて、自ら創っていく時代なのだが、

残念ながら多くの皆さんは、衆愚の世界に住んでいる。

この延長線上に、各種議会があるのだ。

まだまだこの国の民主主義は、お粗末なのだと感じた。

|

« 霧の山 | トップページ | 栄枯盛衰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎の民主主義:

« 霧の山 | トップページ | 栄枯盛衰 »