« 愛でたい! | トップページ | 経済地異 »

2008年1月 3日 (木)

念ずれば通ず

今日は、恒例の法多山尊栄寺への初詣ランである。Cimg4792

今年は、山中の尾根道を辿る難コースを走ることになった。

小笠山の北側の絶壁に沿って、法多山に向かうのである。

暮以来のアルコール三昧の私にとっては、かなりの難コースである。Cimg4794

やはり足がもつれて、二度も転んでしまった。

しかし、息を切らせながらも走っているのが無性に楽しかった。

苦しいことが、楽しくなる。Cimg4797

きつい斜面では、足が非常に重たくなる。

それでも必死に走っている。

遠くに富士山の勇姿、眼下には掛川市街を見渡しながらの走りである。Cimg4799

青天白日のこの日は、今年一年を予告するような良い日であった。

崖下の谷底とは裏腹に、根株もあちこちに飛び出していても、

それを乗り越えながら元気に嬉々として走っている。Cimg4801

そんな自分を、もう一人の自分が見詰めている。

一人では出来ないことも、仲間となら出来てしまう。

そう、今年も元気で走るぞ!Cimg4802

物事を成し遂げるには、目標を明確にすることだ。

念じることが肝心だ。

だが、念じたとて無理なことだってある。Cimg4803

それでも、漫然と過ごすのではなく、

目標を持つべきなのだ。

走りながら、ひたすら今年を念じていた。

|

« 愛でたい! | トップページ | 経済地異 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念ずれば通ず:

« 愛でたい! | トップページ | 経済地異 »