« 私達のルーツ | トップページ | 笑ってすごそう! »

2008年1月22日 (火)

七草粥

古来、正月の七日には七草粥を食べる慣わしだ。

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、Cimg4858

仏の座、スズナ、スズシロが春の七草だ。

ナズナはぺんぺん草だし、ゴギョウだって野草(ヨモギ)だ。

スズナはかぶの青菜、スズシロは大根だ。

要するに、野の雑草達である。Cimg4840

これわ年に一度食べれば健康だと言うのは、どう言う訳だろう? 

私は、これは古代の食の名残だと思っている。

米が伝わったのは弥生時代だが、

庶民が日頃から米を口に出来た訳ではない。Cimg4839

それに、私達が今日口にしている野菜だって、

ほとんどが室町以降にこの国に伝わったものだ。

それまでは、せいぜい雑穀に野草、それに小魚だったのではないか。

そうして、我々の先祖は、春を待ちかねて若菜を摘んで食べていたのだ

その残像が、七草粥なのだろう。

今では、この国に輸入食材があふれている。

しかし私達のご先祖様は、この列島の土と共に生きてきたのだ。

|

« 私達のルーツ | トップページ | 笑ってすごそう! »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥:

« 私達のルーツ | トップページ | 笑ってすごそう! »