« ハレの日 | トップページ | 松枯れ »

2008年1月25日 (金)

温暖化の波紋

今開かれているダボス会議でも、地球環境は大きなテーマだ。

そして、地球の温暖化は、温室効果ガスの増加が大きな要因になっている。

それで、極地の氷の減少やら、異常気象の多発やらと、Cimg4837

あちこちから警鐘の音が聞こえてくる。

私達人類が、こんなにも多くのエネルギーを放出しているんだから、

このちっぽけな地球が温暖化して当然のことだろう。

困ったことなのだが、個々人のレベルではその切迫感は薄れてしまう。

「そんなの、関係ない!」と、なりがちなのだ。Cimg3880

多くの人々にとって、将来よりも今の方が大切なのだ。

だが、影響は着実に広がり始めている。

最も敏感なのが、農産物なのかもしれない。

温暖化で、害虫などがどんどん北上している。

それに梨やリンゴの花が、秋に咲いてしまったりする。Cimg4859

私の作っている葡萄だって、熱帯夜が続くと着色しなくなる。

亜熱帯性の米だって、既に影響が大きい。

そもそも米の単位面積あたり収穫量は、九州や西日本では500kgくらいだ。

それが昼夜の温度差の大きな東北では、800kg位は結うに採れる。

気温が高いと、エネルギーを呼吸で使ってしまうのだ。

それで、肝心の実のほうに力が行かないのだ。

もちろん、胴割れが増えて品質が著しく低下する。

マクロな地球規模では、あちこちで記録的な旱魃が起こっている。

いずれにしても、食い物から私達の生活を脅かし始めている。

|

« ハレの日 | トップページ | 松枯れ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化の波紋:

« ハレの日 | トップページ | 松枯れ »