« 笑ってすごそう! | トップページ | 温暖化の波紋 »

2008年1月24日 (木)

ハレの日

冬の雨は、嫌なものである。

冷たい雨が二日も続くと、気分までが重たくなってくる。

でもげんきんなもので、今朝のように晴れ上がると、

少しばかりうきうきとして、晴れ晴れとした気持ちになる。

ところで、晴はハレに通じる。Cimg4860

晴れ舞台とか晴れ衣装、晴れ姿という、あのハレである。

冠婚葬祭のような特別の日のことだ。

そんなハレの日に着るのが、「晴れ着」だ。

決して華やかな着物のことではなく、言うならば式服だろうか。

古語では、ハレと反対のことをケと言った。

つまりケとは、普通の日のことである。Cimg4861

そうして、普段着のことをケ衣(コロモ)と言ったようだ。

ケ(気)には、良いケと悪いケがあって、

良いケが無くなることを「ケ(気)ガ(離)レ」と称してきた。

ともあれ、悪しきケを払ってやってくるハレの季節がハル(春)なのだ。

春の待ち遠しい、今日この頃である。

|

« 笑ってすごそう! | トップページ | 温暖化の波紋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハレの日:

« 笑ってすごそう! | トップページ | 温暖化の波紋 »