« 国際性と空港 | トップページ | 霧の山 »

2008年1月11日 (金)

食い物と日本人

私達の体は、120日ほどで入れ替わっている。

もちろん骨などは別だが、新陳代謝でそうなっている。Cimg4812

その原料が、私達の食い物だ。

だからバランスの良い物を食べていないと、

4~5ヶ月で体質が変わってしまう。

このバランスと言う点、米と豆、それに魚や野菜、海藻の多い日本食は、

理想的な食い物なのだそうだ。Cimg4825

最近のメタボリックの多発は、肉食偏重の所以なのだろう。

今日、エチオピアから帰ったばかりの方とお会いした。

10日間を、エチオピアの劣悪な環境の中で過ごしたのだそうだ。

彼は防災関係の仕事をしているのだが、Cimg4826

それで止む無く、6日間を防災食だけで過ごしたそうである。

栄養バランスに問題は無かったはずなのだが、それで数キロ痩せたそうである。

「やはり、食物繊維たっぷりの日本食だな~」とおっしゃっていた。

日本人の育てた稲作を基礎とした食文化は、

世界の栄養学者も羨むほどのものなのだ。

私達は、この日本食をもっと大切にすべきですよね。

|

« 国際性と空港 | トップページ | 霧の山 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食い物と日本人:

« 国際性と空港 | トップページ | 霧の山 »