« ニューファーマー | トップページ | 粉雪の東京 »

2008年2月 5日 (火)

食料貧国の定め

天ぷら蕎麦の国産割合は20%に過ぎない。Cimg4895

そば粉は中国産、エビは東南アジア産、醤油原料の大豆は米国。

一体どこが日本食なのか?

中国産毒入り餃子は、そんな日本人の食に「ざまー見ろ」と言っているようだ。

現実は、中国製食品が無くなったら、日本の食生活は成り立たなくなっているからだ。Cimg4896

今回の事件が、犯罪性を帯びてくればなおさら、犯人の意図は恣意的である。

どんなに厳しく監視しても、100%のチェックなど出来るはずも無い。

日本人は、安全を祈りつつ、それを飲み込む他無いのだ。

小麦の自供率は、13%。Cimg4917

大豆は、25%に過ぎない。それに家畜の餌はほとんど輸入だ。

そんな現実にも拘らず、農業者は減り続けている。

何故って、日本人がひたすら安いものを求めてきたからだ。

工業製品を売って、低賃金国からただ同然で食料を買っていたからだ。

その工業製品も、今ではその発展途上国で多くが作られるようになった。

はてさて、日本人はこれからどうするのかな~?。

|

« ニューファーマー | トップページ | 粉雪の東京 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食料貧国の定め:

« ニューファーマー | トップページ | 粉雪の東京 »