« 農業法人 | トップページ | 春の日差し »

2008年2月24日 (日)

歴史と人

どんなに英邁な思想を育て、行動力を備えていたとしても、Cimg4063

歴史がその思想なり行動を許容しなければ、

その人は、ただの奇人変人で終わってしまう。

時代が激しく動いている時には、一躍時の人になる人物もいる。Cimg4055

その逆に、家も何も失ってしまう人物だって出てくる。

時代が、その男の運を左右する。

かと言って、時利あらずと眠っていては、Cimg4216

一生、ただの飯を食う道具で終わってしまうかもしれない。

私の、この60年を考えている。

随分長く生きてきたものだと。そして、この時代のために何を為し得たのかと・・・。

40歳を少し過ぎた頃、私自身で大きな転進をした。Cimg4886

それまでの人生と違った生き方をしようと思ったのだ。

そして、それを具体化するために、新たに5つの事を始めた。

走ることも書くことも、そして話すことも、その時以来続けていることだ。

そうして20年、私の住む時代は、女時から男時を迎えようとしている。

或いはこれからが、私の時代なのかもしれないと思っている。

|

« 農業法人 | トップページ | 春の日差し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史と人:

« 農業法人 | トップページ | 春の日差し »