« 緑提灯 | トップページ | 誇りの復活 »

2008年2月10日 (日)

ゆめ市

日本の農業は今、かつて想像出来なかったほど変わり始めている。

農業で業を起そうとしている18人が設立した「ゆめ市」もその一つだ。Cimg4933

自分達の作ったものを、本当に納得して買ってほしい。

そう言う人に「我々の生産物を直接届けます」というコンセプトだ。

農産物流通の現場は、量販を肇とした川下が大きくなり、Cimg4931

生産を担う川上が変化を求められていた。

農業の生産現場が変わらないから、中国などに量を求めてきたのがこれまでだ。

そんな時代を変えようと、生産者が結束して出来たのが「ゆめ市」なのだ。Cimg4932

だが、営業力や組織のパワーを発揮するのはこれからだ。

息長く、彼らの試みを見守りたい。

量販店の皆さん、ゆめ市には消費者を納得させる商品が準備されていますよ !

|

« 緑提灯 | トップページ | 誇りの復活 »

農業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆめ市:

« 緑提灯 | トップページ | 誇りの復活 »