« はままつメッセ | トップページ | 春の足音 »

2008年2月 1日 (金)

限界集落

なんと寂しげな言い方ではないか!Cimg4794

この日本列島は、基本的に山が連なって出来ている。

英語で表現するなら、マウンティアスな国と言うことだろう。

日本人は、その山を削って棚田や畑を切り開いてきた。

静岡県の茶園なんてのは、その典型と言える。Cimg4796

ちなみに静岡県の茶園の1/3は、中山間地域に存在している。

生産性から言えば、当然条件不利地域である。

だから人口も減って、少しずつ荒廃が広がっている。

市場原理だけでは、維持できないのだ。

政府もヨーロッパの条件不利地域対策に倣って、Cimg4875

傾斜度に応じて少しばかりの金を出している。

しかし、10aあたり3,500円~21,000円と言うのだから、

かなりの傾斜地でも、1ha当たり10万円ほどだ。

果たしてその金で、そこに住んで頑張れるのだろうか。

そもそも、中山間地域では平場と同じことをしていても駄目だ。

平坦地では出来ないことを、工夫するほか無いのだ。

個性のある商品を作って、直接流通させて、ヒトを呼び込むことだろう。

それと、山村の個性が際立つよう、景観を磨くことも大切だろう。

いずれも息の長い取り組みだ。

|

« はままつメッセ | トップページ | 春の足音 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限界集落:

« はままつメッセ | トップページ | 春の足音 »