« 地球人類の生きる道 | トップページ | 21世紀初頭の潮流 »

2008年2月13日 (水)

厳寒と桜

昨夜から、最強の寒波が襲来している。

河津町にも、昨夜は雪が降ったそうだ。Cimg4935

菜の花の黄色、桜のピンク、それに雪だから結構良い景色だよね。

実はこの厳寒に、我が家の3本の河津桜が咲き始めている。

毎朝その桜を眺めながら、「良く咲くよな !」と思いながら出勤する。

別に、あの人の事や私の事ではない。

先駆けというやつは、常にそういう厳寒に咲いてきたのだと思う。Cimg4930

竜馬だって、兆民だって、そうして時代を引っ張ってきたのだ。

新渡戸稲造だってそうだ。

「我、東洋と西洋の架け橋たらん!」そうやって生きてきた。

下田の唐人お吉が身を投げた川辺に、晩年の新渡戸が寄進した地蔵が立っている。

お吉の境涯と、新渡戸の気持ちに相通ずるところがあったからだ。Cimg4936

新渡戸は、地蔵を建ててから間もなく、ヨーロッパで客死している。

最後の国際交渉の最前線に立って、病に倒れたのだ。

「我、東洋と西洋の架け橋たらん!」彼の遺言である。

厳寒の今、その南伊豆や河津に桜が咲き始めている。

|

« 地球人類の生きる道 | トップページ | 21世紀初頭の潮流 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳寒と桜:

« 地球人類の生きる道 | トップページ | 21世紀初頭の潮流 »