« 技を磨け! | トップページ | 中央農研 »

2008年3月24日 (月)

集合フェロモン

人間は、群れて生きている。Cimg5115

一匹狼なぞ、有り得ない存在なのだ。

オギャーと生まれた時から、そうやって生きてきた。

還暦を迎えたからって、そうした根本が変えられるはずもない。

だから私達は、どこかに「居場所」を探すことになる。Cimg5133

昆虫の世界には、集合フェロモンと呼ばれる誘引物質がある。

大豆の害虫のホソヘリカメムシの雄は、そんな誘引物質を出している。

その物質に、オスも雌も集まってくるのだ。

普通は、メスが性的なフェロモンを出して、オスを呼び寄せるのだが、

カメムシの場合、別にセックスをする訳でもない。Cimg5119

良く分からないが寄り集まって、くつろいでいるのである。

それに、どのオスもそのフェロモンを出すのかと言うと、実はそうでもないらしいのだ。

要するに、フェロモン成分の保持量や成分比が違うらしい。

思えば、人間だってそうだよね。

魅力(味のある)やつの所には、黙っていても人が集まってくる。

はてさて、自分の屁ほどもフェロモンの無い私は、強烈なオスでも探すのかなぁ~。

|

« 技を磨け! | トップページ | 中央農研 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集合フェロモン:

« 技を磨け! | トップページ | 中央農研 »