« 時代を創る気概 | トップページ | 戦後の農業 »

2008年3月 8日 (土)

たましいの科学

そもそも、「たましい」とは何なのか?Cimg5065

それを科学すると言うのだから、食指が動いて聴きに行った。

たましいとは、ものの見方だとか、心と体を繋ぐものなのだそうだ。

そう言われても、いささかも合点がいかない。Cimg5058

体(カラダ)のカラは、「殻」なのだとか?

たましいが抜けると、殻だけになってしまうのだと。

それに「アスリートのたましい」と題した講義もあった。Cimg4798

要は、第一線で競技してきた選手が引退する時、

セカンドキャリアに向けて軟着陸させるのは、かなりの紆余曲折がいる。

そんなアスリートの心理分析である。Cimg4794

う~ん。これは、私も同じかなと思って聞いていたのだが・・・・

私も、かなりの「仕事馬鹿」をやってきたしな~ !

とにかく、今日は分からなかったの一言である。

まあ~、明日は高橋尚子が走る。

「アスリートのたましい」で、何とか夢をかなえさせたいものだ。

|

« 時代を創る気概 | トップページ | 戦後の農業 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たましいの科学:

« 時代を創る気概 | トップページ | 戦後の農業 »