« 馬齢 | トップページ | ゴミ »

2008年3月 4日 (火)

金と食い物

食べるものにも事欠いていた人達が、金を持ったらどうするだろうか?Cimg4945

美味しいものを、腹いっぱい食べる。

それが、至極普通のことだろう。

中国は今、時々刻々と経済を成長させている。Cimg4947

その速さとボリュームは、かつての日本の成長の比ではない。

長い間の計画経済下での渇望が、一気に解き放たれて燃え盛っているのだ。

中国同様、新興国の食料需要の拡大は当然のことだ。Cimg4943

それに金儲け主義が、かつてのマルキシズムに代わる思想として蔓延している。

当然、国内の経済格差も大きくなっていて、

「食い物の値段を上げるな!」の声も満ちている。Cimg4942

そんな中で、冷凍毒餃子事件は起こったのだ。

一方日本では、食料自供率39%でも荒地はどんどん増えていて、

生産調整さえやらなくっちゃいけない。

「金さえあれば、何でも買える」と思っていたからだ。

この国の能天気なそんな思いは、過去の幻影になろうとしている。

|

« 馬齢 | トップページ | ゴミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金と食い物:

« 馬齢 | トップページ | ゴミ »