« 中央農研 | トップページ | 送別 »

2008年3月26日 (水)

七匹の蛙

研究開発という分野には、思想が無くっちゃならない。

次の時代は、こうしたいとか、こうあるべきだとか・・・

中央農研の丸山所長には、それがある。Cimg5161

彼は、青提灯の元締めなんだけど、これからの日本の農業のイディオムの元締めになるだろう。

七匹のカエルは、そのことを象徴している。

チョツと比喩になるが、蛙の目線でこの世の中を見てごらん。

複眼だから、色々とあるけれど、Cimg5132

あいつらの方が私達よりも真剣に次の時代を考えてるかもしれないぜ。

中央農業研究センター(昔の国立農業試験場)で、私は色々と学んでいる。

一年に一度しか行かないけれど、熱い気概が彼らにはある。Cimg5127

人間さ!せっかく生きてるんだものね。

生きているうちに、自分の考えていることをやらなくっちゃね。

|

« 中央農研 | トップページ | 送別 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七匹の蛙:

« 中央農研 | トップページ | 送別 »