« 駿府春一番 | トップページ | 金と食い物 »

2008年3月 3日 (月)

馬齢

自分でも信じられないのだが・・・、Cimg5048

もう60年も、駄飯を食ってきてしまった。

それで、この60年の変化と流れを、どれだけ見届け られたのかどうか?

食べるものも着る物も無かった終戦直後。

多くの人たちが、汗と共に食糧生産に勤しんでいた。Cimg5053

子供の私達も、農繁期の苗取りや稲集め当たり前だった。

重たい稲株を抱えて、寒い田圃の中を歩き回ったものだ。

学校から帰っての食い物は、たいがい薩摩芋だったな。

山羊や兎を飼っていて、その餌を集めるのが私の仕事だった。Cimg5024

やがて農村にも、巨大な津波のように経済成長が押し寄せる。

テレビや洗濯機、冷蔵庫といった家電製品が普及する。

父や母は、その商品経済についていくのに大変な思いをしていた。

新幹線の開通やら東京オリンピックと、そこからは大変な早さである。

大阪万博、都市の巨大化、ジャパンアズ・ナンバーワン、

そして、平成2年のバブル崩壊、そして今日の日本経済衰退の時代である。

これを縮めて眺めるならば、一つの大きな山を越えてきて、

その山を今、振り返って見ている様なものだろうか。

人は、時代を離れては生きられない。

その枠組みの中で、精一杯足掻くしかないのだ。

「世に性を得る葉は、事を成すにあり」と言うが、

私はこれまで、何を成し得たのだろうかと思うこの頃である。

|

« 駿府春一番 | トップページ | 金と食い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

端午の節句 過信を信じて 還暦突破
人を動かす 川島キャプテンへ
 ①一流、一番をめざすから人はついてくる
 ②人間力が一流の人と三流の人の
  この人づかい差
 ③人を動かすひとに土日も盆も正月もない
 ④部下の提案に「しかし」をつけるな
 ⑤人に嫌われたくないと言う考えを捨てよ
 ⑥人に動かされるのがうまい人は
  人を動かすのもうまい
 ⑦ここまでできれば、これだけ優遇すると
  明言せよ
 ⑧一度 叱ったことは すぐ 水に流せ
 ⑨勝者を強くするよりも
  敗者を勝者にするやり方を・・・。
 <推薦図書>
  小宮一慶著 ビジネスの発見力養成講座
     発行 ディスカバー・トウエンティワン 1050円
☆第二の人生 人間力の勝負 ファイトで
       期待しています。  

投稿: 静岡の老婆心 | 2008年3月 3日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬齢:

« 駿府春一番 | トップページ | 金と食い物 »