« 東北紀行 | トップページ | ヤブキタの百年 »

2008年4月25日 (金)

男鹿のなまはげ

昨年の大晦日、女風呂に闖入して話題となったあの「なまはげ」である。Cimg5355

なまはげとは、「ナモミ(手足に出来る火型)を剥ぐ」から来ている。

炉端にかじりついている怠け者を戒める風俗である。

真山から降りてきたナマハゲは、大晦日の夜、里の屋敷を一軒一軒回り歩く。Cimg5357

そして「子供は、真面目に勉強してるか?」とか、「ウォー、親の面倒み悪りい嫁いねが?」などと問う。

ナマハゲの詰問に、亭主がひたすら家族をかばうのである。

「ナマハゲさぁ~、まんず座って酒っこ飲んでくなんしぇ」などと、Cimg5361

その土地ならではの問答が続くのである。

そんな習俗が、数百年にわたって続いてきたのだ。

それにナマハゲは、紅毛碧眼の形相である。Cimg5363

日本海に突き出た男鹿半島。

その男鹿の五秋堂には、漢の武帝が祭られている。

男鹿に5匹の鬼がやってきて、一夜にして築いたと伝わる999段の石段もある。Cimg5366

ナマハゲには、そうした中国からの異邦人説や修験者説がある。

いずれにしても、この半島にも多くの大陸渡来人がやってきたのだろう。

|

« 東北紀行 | トップページ | ヤブキタの百年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿のなまはげ:

« 東北紀行 | トップページ | ヤブキタの百年 »