« 京の古社 | トップページ | 邂逅 »

2008年4月15日 (火)

賀茂川の桜

出雲は、朝鮮半島からの民族移動の中継点であったのだろうか。Cimg5303

当然、権力争いも熾烈なものになる。

最初に製鉄などを伝えた出雲族(賀茂族)は、新参者の天孫族に追われることになる。

そして彼らの定着の地が、賀茂川流域だったのだろうか。Cimg5302

京都のその賀茂川を溯って歩いた。

永くこの国の王城の地であったことから、最も歴史に登場することの多い川と言える。

京の桜は、流石にもう盛りは過ぎていた。Cimg5305

それでも賀茂川の畔には、桜を惜しむ人々の群れで溢れていた。

河原で群れているのは、学生達だろうか。

府立植物園近くの半木の道まで来ると、紅枝垂桜が満開であった。Cimg5309

野点や邦楽の演奏もそこここに、京の気分を満喫させてくれる。

鞍馬の方向から流れ下る賀茂川。

その岸辺には、歴史の風情としか言いようの無い景色が広がる。Cimg5322

よきにつけ悪しきにつけこの川と共に、この国の歴史は始まっている。

|

« 京の古社 | トップページ | 邂逅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賀茂川の桜:

« 京の古社 | トップページ | 邂逅 »