« 階段国道339号線 | トップページ | 最果ての下北 »

2008年4月30日 (水)

静岡ノスタルジア

無職無給になって、一ヶ月が経過した。

もちろん、年金なんてのも無い。Cimg5440

昔の仲間の会があって、久しぶりに静岡の街に出かけた。

ほんの一ヶ月なのだが、もう街のケヤキは生い茂っている。

心なしか、街が明るくなったような雰囲気さえ醸している。

待ち時間を喫茶店で過ごした。

窓からの、街行く人々の結構お洒落な姿を眺めていた。Cimg5441

何人かの知り合いも、私の視線に気付かずに通り過ぎていく。

たかが一ヶ月の時間距離が、遠い昔のようなそんな気さえしてくる。

この間、私もあちこちと走り回って、かつて無い経験をしている。Cimg5104

かつて毎日通っていた街なのに、随分と違って見えるのはそのためだけなのだろうか。

時間と空間をワープしたような、そんな一時をひとり楽しんでいた。

|

« 階段国道339号線 | トップページ | 最果ての下北 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡ノスタルジア:

« 階段国道339号線 | トップページ | 最果ての下北 »