« 惰性 | トップページ | 日本平還暦マラソン »

2008年4月 5日 (土)

食茶の会

お茶は、人類が出会った不思議な植物である。Cimg5236

紀元前に中国の神農に始まって、日本には鎌倉期に永忠や栄西が伝えてからだろうか。

お茶と言う植物に出会うことで、人類の寿命は何ほど延伸したことかと思う。

が、お茶を抽出して飲む限りにおいては、その有効成分の35%ほどしか摂取できていない。

水に溶けないビタミンEなどは、捨てられてしまっている。Cimg5232

それで東南アジアなどでは、ラペソーと言って丸ごと食べている。

ならば、日本でも丸ごと食べる文化を創ろう・・・そんな運動を始めたのが食茶の会である。

NO法人「食茶の会」の理事長をされているのが、石川味知子さんだ。

私は、その石川さんを平成の大浦慶だと思っている。Cimg5212

大浦慶は、幕末の長崎にあって、日本茶の輸出を始めた女傑である。

彼女はその利によって、坂本竜馬に軍艦をプレゼントしたと伝えられている人だ。

石川さんは、「お茶を食べる」などと言うことに、・・・昔流に言えば貧乏くさいことに、

真面目に取り組んでいる人だ。Cimg5214

しかも、彼女は食の研究家であって、世界の食材に通じている。

その石川さんにお誘いを受けて、常滑と西尾を訪ねることができた。

色々な出合や発見があって、この二日間大いに楽しむことが出来た。

それでこのことは、4~5日かけて書こうと思っている。

|

« 惰性 | トップページ | 日本平還暦マラソン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食茶の会:

« 惰性 | トップページ | 日本平還暦マラソン »