« 民族のアイデンティティ | トップページ | 中欧の三都を走る »

2008年5月28日 (水)

中欧から見た日本

ブダペスト、ウイーン、プラハと重厚な歴史の街を歩き、Cimg5738

そして走って、今朝方成田空港に着いた。

ハンガリー、オーストリア、チェコは、その首都も含めて多くの日本人の知るところだ。

それぞれが国として、当然のことだが軍隊を持ち、外交や政治でも独立している。Cimg5741

だがその人口は、それぞれ1,000万人程度に過ぎないし、

国土の面積だって北海道程度だ。

北海道の広さの所に神奈川県程の人口で、それぞれの国を形成しているのである。Cimg5688

壮麗な宮殿や教会、石造建築の古い町並みと歴史の積み重ね、

そして、共産主義の重圧下にあって間もないことも、この三つの街に共通している。

そして解放後の目覚しい発展は、イディオム(宗教も含め)と言うものの不毛を思わせる。Cimg5690

さらには、この三国も平原に広がる農業を実に大切にしていた。

人口1億2千万人のこの日本は、経済的にも政治・外交にしても、彼らと比べられるのだろうか。

この数日間に現地で見たもの、感じたことを、明日以降書きたいと思っている。Cimg5677

私にとってこの欧州旅行は、人生のセカンドステージへの一里塚のつもりであつた。

そして、EUの地方都市の生き様は、大いに示唆に富んだものだった。

|

« 民族のアイデンティティ | トップページ | 中欧の三都を走る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

無事御帰還 オメデトウございます。
貴重な体験と素敵な「生の西欧のダイ
ヤモンド情報」。
閉塞感濃い県農政に足で稼いだ新鮮価値観
「メリハリ効果のサディション」を期待してます。


投稿: 静岡の老婆心 | 2008年5月28日 (水) 21時55分

3月21日からの
中部ヨーロッパの旅、毎日楽しく見させていただきました。ありがとうございます。
無事帰国、お疲れさまでした。

投稿: ヒロボー | 2008年5月29日 (木) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中欧から見た日本:

« 民族のアイデンティティ | トップページ | 中欧の三都を走る »