« 蜜柑の花咲く頃 | トップページ | 近所の野良猫 »

2008年5月13日 (火)

ヤマボウシの心境

我が家の庭先に、ヤマボウシの木が3本植わっている。

毎年、白と赤の花を咲かせる。Cimg5463

と言っても、同種のハナミズキと違って、至って質素な花である。

この樹は、葉姿が実に清々しい。

それに、地味な虚無僧の様な花を着ける。

大仏様のような頭と白い衣が、「山法師」と呼ばせたのだろう。Cimg5459

ところで私の心境が、この山法師そっくりだと気付いた。

山を一人行く虚無僧のようなものだと。

退職してから、情報量が数分の一になった。

それに、コミュニティーが極限られた範囲に限定されてきた。Cimg5457

要するに、山伏よろしく一人山を彷徨しているような気分なのだ。

「それでも良し」とは思うのだが、心に空いたエンプティー感は否定できない。

はてさて、この先も虚無僧を続けるのかどうか?

|

« 蜜柑の花咲く頃 | トップページ | 近所の野良猫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマボウシの心境:

« 蜜柑の花咲く頃 | トップページ | 近所の野良猫 »