« 中世の街並 | トップページ | 中欧から見た日本 »

2008年5月27日 (火)

民族のアイデンティティ

ヨーロッパ、特に中欧などは、ゲルマン民族の移動や蒙古の席巻、

ドイツやロシアの侵攻などと、常に他民族支配に晒されてきた。Cimg5311

しかし幾度かのそんな洗礼にも拘らず、厳然として民族を維持している。

チェコ言を使い、ハンガリー語をチャンと維持してきた。

両国ともEUの一角なのだけれど、ユーロに統合するのは未だ先である。

隣の集落ではまったく言葉の通じない人々が住んでいる。

それが中欧の国々では、ごく普通なのだ。

|

« 中世の街並 | トップページ | 中欧から見た日本 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民族のアイデンティティ:

« 中世の街並 | トップページ | 中欧から見た日本 »