« 身辺整理 | トップページ | 欧州の風景 »

2008年5月10日 (土)

タイルについて

タイルなぞは、無味乾燥な焼物に過ぎない。

日本人の趣味とは違うな !・・・そう、思っていた。

だが、文様はタイルで始まっている。Cimg5250

5500年前の古代メソポタミアでは、粘土で壮大な装飾壁ガ作られている。

世界最古のピラミッドでも、緑色に彩色されたタイルで地下空間が作られている。

それにイスラムは、勿論モスクや宮殿をタイルで幾何学模様を描いてきた。

イスラムでは、タイルと侵攻が深く結びついている。

土は水によって形になり、火を加えることで焼物になる。

その形を組み合わせることで様々な芸術が出来上がる。Cimg5249

私達の住まいにタイルを取り入れだしたのは、オランダの商人のようだ。

そうして今、私達の周りにはタイルがあふれている。

玄関やら台所に洗面所、住宅の壁だってタイルが多くなってきた。

タイルの優れたところは、変わらない事だ。

常滑にINAXのタイル博物館がある。

世界のタイル、約1,000点が展示されている。

そうして、便器も焼きものの延長なんだね。

|

« 身辺整理 | トップページ | 欧州の風景 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイルについて:

« 身辺整理 | トップページ | 欧州の風景 »