« 愛しの葡萄 | トップページ | 光陰 »

2008年6月25日 (水)

公開講座って

少子化の中で、大学も大変な競争時代を迎えている。

私達(団塊世代)の、どうすれば大学に入れるのかという時代を知る身にとっては考えられないことだ。Cimg5769

だが、発展途上国でなくても、これは当然考えられることなのだ。

で今、どこの大学でも自己PRに躍起になっている。

公開講座も、その一環なんだろうと思う。

しかし、その有り様はかなり難しい。Cimg5770

当然のことながら、何のためにやっているかと言う理念が必要だ。

その大学の存在意義と言うか、世の中の向かっての大学のメッセージがほしい。

私も、先日からある大学の公開講座に通っている。Cimg5768

情報不足を補うことと、社会との接点を求めてのことなのだが、

残念ながら聴講生くは、「暇つぶし?」に参加している人が多い。

勿論、それでも聴講しようとする意欲は素晴らしいことなのだが・・・・。

それで、講座の中味にもその原因があるのかもしれないと思った。

とかく知識の切り売りになって、大学の主張が希薄なのだ。

ヨーロッパで創始された大学は、学問の探求で社会の発展に貢献するのが目的であった。

だが日本の多くの大学は、高校の延長としての教育の場になってしまっている。

「もっと、理念を!」などとは、講座の恩恵にあずかりながらチョツト身勝手な注文かな? 

|

« 愛しの葡萄 | トップページ | 光陰 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172740/41648536

この記事へのトラックバック一覧です: 公開講座って:

« 愛しの葡萄 | トップページ | 光陰 »