« 都市の力 | トップページ | 北海道に・・ »

2008年6月14日 (土)

ササユリの季節

久しぶりに、小笠山を走った。Cimg5778

その走路の道々に、ササユリの花が咲き出している。

この花こそ、心癒される最高の花ではないかと思っている。Cimg5779

淑やかで心優しく、気丈な気品を漂わせている。

人間とも、つかず離れずの関係を保って生きている。

つまり、人の手がある程度入ったところで彼女らは生きている。Cimg5780

正に道辺の笹の中から、笹と同じような姿でおい育ち、こんなにも健気な花を咲かせる。

種がこぼれてから花を咲かせるまでに、五年は要しているだろうか。Cimg5781

苦節の後に、美しい香りをこの時期だけ漂わせるのだ。

我が胸に秘めたる人に、この花を捧げたいと思う。 Cimg5783

そのササユリの隣に、紫陽花なぞが咲いていれば、梅雨空の憂さは消し飛んでしまう。

そんなことを思いながら、小雨の岨道を二時間余り汗をかいた。

|

« 都市の力 | トップページ | 北海道に・・ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ササユリの季節:

« 都市の力 | トップページ | 北海道に・・ »