« 喫茶ジェルボー | トップページ | くさり橋 »

2008年6月 1日 (日)

ハンガリーの国民車

それから、地下鉄でオーブタ地区のモスクワ広場に。Cimg5575

ロシア嫌いのハンガリーにしては、ソ連時代の名称がそのままになっている。

オーブタ地区は、山の手と言った感じで市民の町である。

ここでマーケットを訪れた。Cimg5574

勿論昔と違って、品数も豊富だし輸入品も数多い。

ここで顔なじみの本田さんは、店の主人達から声をかけられる。

「奥様、あなたの手に口付けを!」と言っている。Cimg5588

なんとなくこそばゆい思いもするが、宮廷の言葉が今に続いているらしい。

市民の営みに心引かれながらも、今度はバスでドナウの川岸に。

ここで対岸の国会議事堂を眺めながら、一休みである。Cimg5589

目の前のドナウは、とおとおと流れている。

もう午後の6時過ぎなのだが、日はまだ高い。

エルジェーベト広場に戻って、再び地下鉄に乗ろうとした。Cimg5592

すると屈強な大男が二人、私の前に立ちふさがった。

いかつく厳しい目つきである。

何事かと思ったら、「切符を見せろ!」と言っていた。Cimg5593

ポケットを探って一日共通券を見せると、いかつい顔がにこりと笑った。

ブダペストでは、バスもトラムも地下鉄も、全て改札も集札も無い。

何時の間にか、乗り物はただだと錯覚してしまう。Cimg5598

事実無賃乗車もかなりあるらしいのだが、時に怖い検札があるのだ。

ところで、ハンガリーを走っている車の六割はスズキだ。

欧州では珍しいのだが、十数年前スズキの修社長(現会長)がここに工場を作った。

今でもハンガリー唯一の自動車工場で、近く日本にも輸出を始めるのだそうだ。

自分達の国で生産する車、それはスズキだけなのだ。

戦争によって国土が三分の二にされ、数百万人の国民が他国の少数民族になった。

コマーロフと言う街なぞは、ドナウ川を隔てて町の半分がスロバキアになってしまった。

ドナウの橋は落とされてしまうし、自分の畑に行くのにも旅券が必要になった。

そんな積み重ねがあるだけに、愛国心は私達の何十倍かもしれない。

十年ほど前になるが、鈴木修さんに浜松グランドホテルでハンガリーのワインをご馳走になったことがある。

ハンガリーに進出して間もない頃だったのだと思う。

そして今や、スズキはハンガリーの国民車である。

そんなこんな、本田夫妻には夜遅くまで、大変なお世話になってしまった。

|

« 喫茶ジェルボー | トップページ | くさり橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

<スズキ自動車の世界戦略とコスト戦争>
60年代 アルト42を引っさげて二輪から四輪車分野に
挑戦。婦人層にターゲットを絞り込み、チョツト 無理すれば便利さとカッコいい車社会で満喫ををキャチフレーズに 40万円台の乗用車売り上げ好調スタート、世界への礎を築いた。
スズキの売上高は3兆円(純利益900億円)、世界で300万台の車販売。一台あたりの利益(3万円)は一台に搭載される部品点数2万点とすると部品一点あたり「一円50銭」。こんな仔細の積み重ねから鈴木修スズキ会長の明快な車の世界戦略が始まる。この勢いはインド、アフリカにも及ぶ。
さて、このコスト意識と戦う世界戦略、行政公務員社会の保身と危機感の無さに「蒙省」を促す。
 ☆ モチベーションアップへ
    最も強いものが生き残るのではなく
    最も賢いものが生き延びる訳でもない
    唯一、生き残るのは変化出来る者である              (ダーウイン)
 ☆ こんな言葉か瞬間 走った。

投稿: 静岡の老婆心 | 2008年6月 3日 (火) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーの国民車:

« 喫茶ジェルボー | トップページ | くさり橋 »