« くさり橋 | トップページ | 音楽の都ウィーン »

2008年6月 3日 (火)

ウィーン

ハプスブルク家は、ルドルフ一世以来640年間、この地を都としてきた。Cimg5609

最盛期には、欧州の大半をその領域としたのだから、富の集積の程が知れる。

その集積した富を、このウイーンに注ぎ込んだ。

第一、人口160万人ほどのこの街に、宮殿が三箇所もある。Cimg5613

シェーンブルン、ホーフブルク、そしてベルヴェデーレ宮殿である。

山手線の内側に、皇居が三箇所あるようなものなのだ。

そしてシェーンブルン宮殿は、ベルサイヤ宮殿を凌ぐことを目指して造られた。

その部屋の数は1441もあるし、裏庭の広さだって1.6平方キロもある。Cimg5628

ナポレオンがウイーンを占領した時には、ここを拠点としたし、皇女マリー・ルィーを妻にしている。

生まれた一人息子は、この城に軟禁され21歳で病死している。

今この宮殿の大部分は、幼稚園、学校,役所、そしてアパートととして利用され、Cimg5625

180世帯が住んでいるそうだ。

宮殿の住み心地は如何なものかとは思うが、それほど広いのだ。

裏庭は、市民の格好のジョギングコースになっている。Cimg5630

リングの中にあるホーフブルク宮殿は、現在の大統領官邸を兼ねている。

だがその庭では、ビアホールが開店しているし、カフェも賑わっている。

大統領は、一体どこにいるのかと不思議に思ってしまう。Cimg5643

ベルヴェデーレ宮殿は、オイゲン公の離宮だったが、今は市民広場になっている。

要するにウイーンは、贅を尽くした宮殿や関連施設で溢れているのだ。

世界の都市で、かくも傑出した輝きを放つ所は無いかもしれない。Cimg5648

人を圧倒してしまうような、荘厳さを持っているのかも知れない。

例えば、100年ほど前に建てられた市庁舎にしてからが、

教会そこのけの桁外れの装飾性を持っている。

そして、その地下のレストランですら、美術館を思わせるほどのものだ。

|

« くさり橋 | トップページ | 音楽の都ウィーン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
宮殿をアパートとして利用されてるんですね
ホントびっりです
勉強になり楽しいです

投稿: ちよ | 2008年6月 3日 (火) 21時14分

 コメントをありがとうございます。私もちょつと驚きましたが、家賃もそんなに高くないそうですよ。
 如何ですか、住んでみたいとお思いませんか。専用ジョギング広場つきです。
               山草人  

投稿: 山草人 | 2008年6月 4日 (水) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン:

« くさり橋 | トップページ | 音楽の都ウィーン »