« 石油と私達 | トップページ | 走酔の会 »

2008年7月12日 (土)

裸の付合い

朝からスカッと晴れて、梅雨明けを思わせる天気だ。Cimg5929

気温は高くても、風が心地よく吹いている。

そんな風のそよぐ音を耳に、小笠山の尾根道を走る。

その時の流れが、暑さを感じながらも実に心地良い。Cimg5930

そうして走り終わると、小笠山の仲間で、とりとめもない話で盛り上がる。

勿論今日などは、水を浴びているから裸である。

この道を走り始めて、そして小笠山RCのユニフォームを着るようになって、Cimg5961

雨の日も風の日も、この山を走ってきた。

そして、もう既に15年を経過している。

その分みんな歳をとったのだろうが、そんなことは少しも感じない。Cimg5960

思えば毎週、裸の付合いをしてきたのだ。

極たまには、口喧嘩だってするのだが、何時の間にか「あんなことも、あったね!」となる。

人間は結構弱い存在だから、ついつい愚痴ったり、苦しんだり弱気になったりする。

そんな仲間が、走ることで立ち直っていく。

そんな景色を15年間も見てきたことになる。

裸の付合いのできる仲間がいる。

そんな幸せを、今日も味わっている。

|

« 石油と私達 | トップページ | 走酔の会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにお会いしました!野辺山以来です。小笠山はまだ走った事ないので、今度ダンナに案内してもらいます。私も100キロ走りたい、今度は丹後に行きます!

投稿: 金ちゃん | 2008年7月13日 (日) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裸の付合い:

« 石油と私達 | トップページ | 走酔の会 »