« 高層ビルは建てるな! | トップページ | 石油と私達 »

2008年7月10日 (木)

観光から旅へ

物見遊山を目的とした「観光」は、めっきり減ってしまった。Cimg5950

少しばかり景色がよくて温泉があるからなどと言う「観光地」は、苦しい展開を余儀なくされている。

海外のツアーもそうだ。

外国に行くだけで非日常なのだが、それだけ(サイト・シーイング)では満足しなくなっている。Cimg5951

海外の景色や建造物を見ても、フ~ンで終わってしまう。

ところが「旅」には、人と人の触れ合いがあるし、

人の生きた足跡にだって思いをはせることが出来る。Cimg5952

そこには、生き生きとしたドラマがある。

勿論悲劇もあるのだけれど、人間ってそうなんだと得心できれば、旅は大満足である。

先月、チェコを訪れた折、プラハの旧市庁舎の望楼に登った。Cimg5949

そうすると、眼下の屋根で瓦葺きの職人達が働いていた。

鋭角の屋根だから命がけの仕事である。

そうして、その下には多くの観光客がうごめいている。Cimg5743

「こうやって、この街は生きているんだ !」と思った瞬間、ここに来てよかったと感じた。

要するに、そこに生きた人々の姿に、人は感動するんじゃないだろうか。

今日、仕事で伊豆に出かけた。

わが国随一の観光地なのだが、往年の活力は見られない。

それは、歴史上のそして今日の生の人間の生き様を露出させていないからではなかろうか。

人が感動するのは、人間のドラマなのだ。

|

« 高層ビルは建てるな! | トップページ | 石油と私達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光から旅へ:

« 高層ビルは建てるな! | トップページ | 石油と私達 »