« 継続 | トップページ | 信念は何処に? »

2008年7月30日 (水)

完全燃焼

馬齢を重ねたからだろうか。Cimg6049

「与えられた時間は限られている。

だから、その貴重な時を、給料のために犠牲にして良いのだろうか」

そんな事を考えるようになった。

そうかと言って、直ちに何をすると言う訳でもない。Cimg6019

電車を待っていても、この無駄な時間が何とかならないかと思ってしまう。

多くの場合その人の時間の密度は、その置かれた環境で随分と異なってしまうものだ。

仕事の内容や立場によっても千差万別だろう。

江戸期の部屋住みの二三男のように、仕事が無くて一生終わることだってある。Cimg6016

だけどその部屋住みが、一転世の中に躍り出て活躍するケースだってあるのだ。

人生には緩急があるけれど、せわしないだけで燃焼し尽くしたとは言えないだろう。

望むらくは、「オイ、生きたぜ」っていう時間を多く持ちたいものだ。

どうすれば、そうなるのか?Cimg6018

どうも、これは贅沢な悩みなのだろうか。

人間は、その与えられた時間を燃焼し尽くすべきだと思っている。

|

« 継続 | トップページ | 信念は何処に? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く・・・同感です。

哲学者 森 信三さんの
「人生、二度なし」のことばに出逢って
私も、生き方を変えました。

投稿: ヒロボー | 2008年7月31日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全燃焼:

« 継続 | トップページ | 信念は何処に? »