« 蝉声 | トップページ | 大奥 »

2008年7月16日 (水)

米食

このところ、十数年ぶりにお米の消費が増えているらしい。Cimg5442

スーパーでは、対前年で一割増位の販売量だと言うからすごい。

はたとて、小麦価格高騰の影響だろうか。

それとも食料自給への関心の高まりだろうか。Cimg5953

はたまた、生活防衛のために「弁当派」が増えたのかも知れない。

茶碗一杯で30円のご飯は、一枚のパンの値段と同じだ。

腹持ちだって良いし、それに日本の風土にあっている。Cimg5962

それに、米の味だって格段に進化している。

それでも日本人は、地球の裏側で穫れた小麦を食べている。

米の生産量900万トンに匹敵する800万トンもの麦を輸入しているのだ。

パンを食べたいのなら、米粉で作ればよいのだ。Cimg5881

それには輸入麦に高率の関税を掛ければよいのだ。

さすれば日本の食料自給率は、10%はあがるはずだ。

この際「ご飯を食べて休耕田を無くす運動」を展開すべきだと思っている。

蛇足だが、毒ギョウザ事件以来激減していた中国山野菜の輸入が、

またぞろじりじりと増加し始めている。

喉もと過ぎれば暑さを忘れるのは、日本人の性なのだろうか。

|

« 蝉声 | トップページ | 大奥 »

農業」カテゴリの記事

コメント

 以前、県で現役時代お世話になったものです。
過日ある勉強会で、商工・農林行政経験の疑問から”食料自給率”を話題にしました。
 「国の食料自給率はH17年40%→H18年39%。都道府県別で静岡県は18%・ワースト9位である。
 自動車は徹夜すればできるが農産物は徹夜しても絶対にできない。それゆえ価格高・コストも考えるべき…。農業県でありながら自給率が極めて低い…考えるべき課題である。
 1961年、日本が自給率78%の時に日本より低かった英国42%・ドイツ67%が、2003年の日本40%に対し、英国70%・ドイツ84%と逆転し伸びているのはどうしてか、検証してみる。理由を調べてみる必要がある。の提言に…。
 会員から凄い反響があり再度話題を討議することになりました。ご存知の関さん、高橋金さんもメンバーで専門の立場で調べるからでしたが、どのように捉えていらっしゃいますか。ドイツの都市公園は危急の場合は農地に転用できるそうですが日本は危機管理に疎いように思えてなりません。 長いコメントですみません。

投稿: 山中俊樹 | 2008年7月18日 (金) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米食:

« 蝉声 | トップページ | 大奥 »