« 関の刃物 | トップページ | 円空 »

2008年7月27日 (日)

葡萄パーティー

久しぶりに我が家で、パーティーが開かれた。Cimg6091

ゲストは、お茶と水研究会の皆さんだ。

かねてから、私の葡萄の話を半信半疑で聞いていたのだが、

どうも本当らしいと言うので、実地検分しようと言うのが今日の集まりだ。Cimg6093

各地からおいでになった皆さんが、私の労苦を納得して頂けたのなら、

それが今日の最大の収穫である。

葡萄なんて、そんなに簡単にはまともなものは出来ないのだ。Cimg6094

私の雀やカラスとの悪戦苦闘を、実感していただけたのかどうか? 

お茶と水研究会も、私の一つのコミュニティーなのだが、

20年からのお付き合いだから、中味は相当なものである。Cimg6098

人間は面白いもので、知己のためには相当なことまで出来てしまう。

自分の仲間なら、許せる世界が広がるのだ。

だから、辛らつな批判が飛び交うし、議論も歯に絹を着せるなんてことは無い。Cimg6100

そんなコミュニティーから、私は多くのことを学んでいる。

仲間は、多ければ多いほどハッピーになれるのだ。

|

« 関の刃物 | トップページ | 円空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葡萄パーティー:

« 関の刃物 | トップページ | 円空 »