« 葡萄パーティー | トップページ | 継続 »

2008年7月28日 (月)

円空

円空と言うユニークな僧がいたことを知った。Cimg6085

円空は、徳川の世もやっと定まった、江戸初期の人だ。

美濃国で生まれて、北海道から近畿地方までを遊行しつつ、

その生涯に、一万体もの仏像を彫った。

円空の仏像は、大日如来や文殊菩薩、阿弥陀などの均整の取れた美しいものもあるが、

仏像離れをしたような彫り物も多い。Cimg6084

私の目から見ると、この人は仏師というよりも創造的な作家だったのではないかと思える。

今にも声を発しそうな仏像を見ながら、そう思った。

長良川河畔の弥勒寺に、関市円空館がある。

現在確認されている円空の仏像は、5,300体程あるのだそうだ。

その一部が、この円空館に展示されている。Cimg6086

彼の仏像をみていると、円空の一生が想像できたりする。

円空、64年の生涯であった。

|

« 葡萄パーティー | トップページ | 継続 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円空:

« 葡萄パーティー | トップページ | 継続 »