« 活力の源泉 | トップページ | 富士の胎内 »

2008年8月19日 (火)

脳との付き合い

アルツハイマーもパーキンソン病も脳の機能障害だ。Cimg6196

脳は、コンピューターならCPUなのだが、

永遠に機能すると言う訳にはいかない。

生命を維持するのも脳だが、知覚や精神をコントロールするのも脳だ。

かつて、頭の大きい子が利口になると信じられていた。

だが、どうもそうではないらしい。

今日の人間の脳は、1,400cc程度だ。Cimg6194

それに比べ、アフリカゾウの脳は6,000ccもあるらしい。

それに、アインシュタインの脳は決して大きくはなく、1,230ccでしかなかった。

頭脳の良し悪しは、情報伝達機能の如何によるらしい。Cimg6195

ドーパミンやノルアドレナリン、ギャバなどの情報伝達物質の流れ如何なのだ。

そしてそのエネルギーは、ブドウ糖だ。

とは言え、西アフリカで発見された600万年前の猿人、

サヘラントロプス・チャデンシスの脳は360ccだった。Cimg6197

今日の人間は、猿人の4倍のCPUを持っている事になる。

だが、使っているのはその何割かな? 

脳は使えば使うほど、その伝達系は発達するらしい。

死蔵しないように、心して磨きをかけようではないか。

|

« 活力の源泉 | トップページ | 富士の胎内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

残暑お見舞い申し上げます。
 北京・甲子園と燃えてる夏
 涼しげなコメント・冴えわたる山草人哲学
 楽しみながら老尽力を発揮し微笑みながら
 拝見しております。「わが原則も参考に」
☆感性とIT 「筋肉のルーの三原則」
①使わないと衰退する
②適度に使うと発達する
③過度に使うと崩壊する
☆脳に関する 「山ちゃん三原則」
①使わないと衰退する
②適度に使わないと現状維持できない
③過度に使っても発展する
  

投稿: 静岡の老婆心 | 2008年8月20日 (水) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳との付き合い:

« 活力の源泉 | トップページ | 富士の胎内 »