« 人生いろいろ | トップページ | 人はやり遂げてこそ »

2008年8月23日 (土)

処暑

暑い暑いと言い暮してきたこの夏。Cimg6174

昨夜は、寒いくらいにひんやりとした。

今日23日は、二十四節気の処暑なのだそうだ。

お陰で午前中の山のランニングも、随分と快調な走りが出来た。

それに今年は、暑さに加えて雨が少なかった。Cimg6164

私の所では、もう一ヵ月半もの間僅かの雨も降っていない。

畑に水をまいても、それは表面を湿すだけで植物の根には届きはしない。

植木までもが、変色を始めている。

当然のことながら、畑の作物は惨めな状態だ。

薩摩芋の蔓など、ほとんど伸びてもいない。

やっと今夜から雨になりそうなのだが、

それすら降ってみなけりゃ分からない。

自然を相手にする農業って、さほどに大変なのだ。

にもかかわらず、野菜の価格は安すぎるのではないか。

たかが野菜と、多くの消費者が考えているとしたら、

国産の野菜なんて、やがて口に入らなくなるだろう。

肥料や燃料の高騰に加えて、この旱魃である。

然るに野菜の価格は、例年よりも安いのだ。

価格統制の出来ない生産者は、歯を食いしばってこの暑さに耐えている。

だが、生産を何時まで継続できるのか、それは時間の問題かもしれない。

自給率向上どころの論議ではないのだ。

|

« 人生いろいろ | トップページ | 人はやり遂げてこそ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処暑:

« 人生いろいろ | トップページ | 人はやり遂げてこそ »