« WTI | トップページ | 追憶の日 »

2008年8月13日 (水)

私なぞ、百姓の長男だから、江戸期に生まれていたら、Cimg6000

今頃、おそらく悪代官に苛められていたんだろうと思う。

人には、分と言うものがあると儒学の世界では教えられる。

それはそれで、時代を治める一つの秩序なんだろうと思う。

しかし、分をわきまえる社会は、進歩の無い社会でもある。Cimg5999

だから私も、「分」をわきまえずに生きてきたのだと思う。

それに、年甲斐も無くと言うことにも抵抗している。

私もいい歳なんだろうが、挑戦する心は二十歳の人たちに負けない。

人生五十年と言われた時代があるけれど、Cimg5997

今は、年齢に七掛けなんだそうだ。

つまり六十歳なら、機能年齢は42歳と言う次第である。

それを真に受けて、分不相応に生きてやろうと思っている。

世間の目などそっちのけで、Cimg5939

すべからく物怖じせずにやってやろうと思っている。

|

« WTI | トップページ | 追憶の日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« WTI | トップページ | 追憶の日 »