« 時代と人 | トップページ | 夏の夜 »

2008年8月 8日 (金)

働くって

人は、何故働くんだろうって思った。Cimg6127

「そりゃぁね、食べる為だよ!」って言われそうだ。

だけど、それだけじゃないよね。

働いているって、そのことが生き甲斐になっていることも多いよね。Cimg6121

人は、働くことで自分の可能性を見出したり、

社会の中での存在を自覚しているんだよね。

昔は、国民のほとんどが農民だったから、Cimg6113

どれだけ働いたかが稔りになって、実りが多ければ豊かになれた。

働くことが、家族の生活と直結していた。

労働と生活、そして自己実現が一致していたんだろうと思う。Cimg6110

だけど、細かく分業化・高度化した今の現場では、

なかなか充実を実感できなくなっている。

私は、ついこの間までの三ヶ月間、毎日が日曜日だった。Cimg6108

その経験を踏まえると、人は毎日何かに没頭できるって事が大切だよね。

しかもそれが、世のため人のためになっていれば何よりだね。

そう! 自分の価値観(良識)を仕事に注入できる人は幸せだね。

「人は、パンのみにて生きるにあらず」だからね。

それに人間って奴は、常にコミュニケーションを求めて止まない動物だ。

職場のコミュニケーションも大切なんだよね。

|

« 時代と人 | トップページ | 夏の夜 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くって:

« 時代と人 | トップページ | 夏の夜 »