« 大菩薩峠にて | トップページ | 脳との付き合い »

2008年8月18日 (月)

活力の源泉

規則正しい生活と言うのは、健康的でそれはそれで価値がある。Cimg6177

だが人間って奴は、毎日判で捺したような繰り返しでは何も考えなくなる。

江戸幕府の御家人達は、それを証明したようなものだ。

新奇を嫌う300年にも及ぶ慣習が、新しい時代への対応を困難にした。

当然私達にも、日々の生活に適度な刺激が必要なのだと思う。Cimg6178

通勤の道筋を変えてみるとか、ジャンルの違う本を読むとか、

美術館に行ったり芝居を観たりしたってよいだろう。

私の場合は、月に一度位のマラソンレースにかこつけた旅行がある。

これは事前の訓練を含めて、緩急のある生活の実現に役立っている。Cimg6179

それに葡萄の成長だって、毎日毎年が同じ繰り返しではない。

問題は、フレキシブルな頭の働きを維持できるかどうかだろう。

人間の脳と言うのは、違和感や疑問のような変化に反応して働くものなのだ。

新聞だって漫然と読んだら、何の刺激にもならない。Cimg6180

やはりこいつは、色々な場所に出て行って人と会うのが肝心だな。

|

« 大菩薩峠にて | トップページ | 脳との付き合い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活力の源泉:

« 大菩薩峠にて | トップページ | 脳との付き合い »