« 人はやり遂げてこそ | トップページ | 隠居仕事 »

2008年8月25日 (月)

馥郁とした風景

ああ~そうだよね。Cimg6205

こんな景色、何処にもあったよね ! と、そう感じた。

高橋まゆみさんの創作人形展を覗いた時のことだ。

人形は単なる人形ではなく、日本の心の原風景を映し出していた。Cimg6202

人と人営みは、かくなるものだと納得してしまう。

その心情を人形が語らってくれる。

そんな心の余裕なぞ、とっくの昔に忘れてきた私にも、ジ~ンと来るものがあった。Cimg6203

日本の人口の大半が農民だったのは、ほんの50年前のことだ。

み~んな田圃の中を這い蹲って、米を作るのに必死だった。

米作りこそ、世の中の価値だったのだから。Cimg6204

日本人は、永い事そうやって生活してきた。

そんな時代の残像を、憎いほど表現している人形達だ。

私達の世代は、是非にも一見の価値があると思う。

|

« 人はやり遂げてこそ | トップページ | 隠居仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馥郁とした風景:

« 人はやり遂げてこそ | トップページ | 隠居仕事 »