« 先を読む・・ | トップページ | 伝説の裏側 »

2008年9月13日 (土)

浦島伝説の真実

「♪むかし むかし 浦島は 助けた亀に~♪」

その浦島太郎の本名は、浦嶋子と言った。

丹後の国風土記逸文には、「雄略天皇の治世二十二年秋、

丹後の人、浦嶋子は海の竜宮へと出かけ・・」と記述されている。

もちろん、浦島の生まれた与謝郡伊根町には、浦嶋神社があるし、

その資料館には亀甲紋あしらった玉手箱もある。

そして、雄略二十二年とは、西暦478年である。

弥生時代が終わって、統一国家が始まる大和時代の始めの頃だ。

この年、雄略天皇は、南宋に遣使を送っている。

「宋書 倭国伝」には、「倭国の王位を継いだのだが、高句麗との戦争で

表敬の時期を逸した・・・」と倭国からの書簡に書かれていたと記録されている。

事実、朝鮮半島では、百済が高句麗に攻められて、

大和朝廷は、百済救援の軍を送っていた。

ともあれ風土記では、丹後の国の豪族であった浦嶋子は、

蓬莱から来た亀姫の化身を釣り上げ、乞われるままに蓬莱に出かけたらしいのだ。

実は今日、その伝承の町、丹後の網野町に来ている。

そして網野には、浦嶋を祀った島児神社や乙姫を祀る西浦福島神社があるのだ。

明朝4時、「歴史の街丹後100kmマラソン」は、この網野をスタートする。

どうやら浦島太郎は、実在の人物らしいのだ。

|

« 先を読む・・ | トップページ | 伝説の裏側 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦島伝説の真実:

« 先を読む・・ | トップページ | 伝説の裏側 »