« 活力の源泉 | トップページ | 糧断の予兆 »

2008年9月 7日 (日)

縁無きを縁とす

今日は大学時代の、同窓会に顔を出した。

と言っても、顔見知りはほんの一部で大分部は初対面である。

かつて4年間だけ、同じような体験をしただろうと言うだけの縁である。

恐らくは同様の会がそうであるように、日常的に何のつながりもない。

では何故、そんな所に出かけていくのか。

それは「ひょっとして、新しい縁に巡り合うかも知れない」と言うことだろうか。

もとより俯いていたのでは、縁など生まれようもない。

だから縁を求めて、歩き回るのだが・・・・

僅かな時間で、人と人の縁ができるなどよほどの事がなくてはならない。

しかし人間は面白い。・・と言うか、孤独なのかも知れない。

人それぞれだが、こうした会に何がしかの動機で出席するのだ。

折角集まった人達を、程々に満足させて帰すにはどうするか。

これには、何人かを指名しておいて、その人生を語ってもらうことだと思う。

その中に「ああ~、この人はこんな生き方をしてたのか・・・」と思う人が一人でもいれば、

その場は、十分意義あるものになる筈だ。

今日の会は、反面教師だったかな。

|

« 活力の源泉 | トップページ | 糧断の予兆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縁無きを縁とす:

« 活力の源泉 | トップページ | 糧断の予兆 »