« 衣食足る地に! | トップページ | 時代の風韻 »

2008年9月 3日 (水)

社会と自分

孫達を見ていて、思うこと。

それは、自分の世界を少しずつ広げていくんだなってことだ。

兄弟喧嘩をしたり、他所に遊びに行ったり、

夕涼み会があったり、母親をとりっこしたりである。

そんな風に生活の場面が少しずつ広がっていくと、

思いのままにならないことが増えてくる。

つまり、社会の制約に遭遇する訳だ。

子供達は、そんな事を繰り返しながら成長していく。

そもそも人間は、一人では生きられっこないのだ。

多かれ少なかれ、社会に同化せざるを得ない。

そうして社会に組み込まれるほど、もう勝手なことは出来なくなる。

当然、人との軋轢や利害得失で悩んだりもする。

それが人間と言うものの特質なのだが、

いっそのこと、鴨長明や吉田兼好のように生きられたらと思ったりもする。

自分だけの、ユートピアを夢見る訳だ。

だが、そんなところは何処にもありゃしない。

長明や兼好だって、世捨て人のように装ったが現実は違っている。

生きるということは、かくも大変なことなのだ。

「智に働けは角が立つ、情に棹差せば流される」のだ。

|

« 衣食足る地に! | トップページ | 時代の風韻 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会と自分:

« 衣食足る地に! | トップページ | 時代の風韻 »