« 時代の風韻 | トップページ | 活力の源泉 »

2008年9月 5日 (金)

時は流れて

今夜は、第61回メダカの学校に登校した。Cimg6251

このサロンは、3ヶ月に一度開かれるのだが、

私の側に、色々と変化があった為だろうか。

随分久しぶりと言う気がして、お会いする方一人ひとりをより懐かしく感じた。

もとより人生は、人と人の出合から始まるのだが、

出会いは別れであったりもする。

この学校にお世話になって、もう10年余になる。

この間に、亡くなられた方、出席できなくなった方も多い。

否むしろ、この10年間ずっと顔を出している方の方が少ないだろう。

学校に集まってくる皆さんは、個性豊かな方ばかりで、

何がしかに専心・熟達しておられる。

だが、人は一年一年歳を経る訳で、その活躍の度合いも少しずつ変化してくる。

今日は何故か、そんな時の流れを考えてしまった。

はてさて、そういう私自身、はたして老成しつつあるのかどうか?

どうも、30台のままのような気がしているのだが・・・・。

|

« 時代の風韻 | トップページ | 活力の源泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時は流れて:

« 時代の風韻 | トップページ | 活力の源泉 »