« 輪島と風土 | トップページ | 孫に牽かれて »

2008年10月 5日 (日)

法事

Cimg6370 人は死ねば、あっという間に過去の人になる。

その故人を、改めて偲ぶのが法事だ。

もう直ぐ私の父が故人になって、一年になる。

私自身の感覚からすると、もう五年程にもなるような、そんな気がしている。Cimg6371

この一年、随分色々なことがあった。

時の流れは、人それぞれみんなその速さが違う。

修承義というお経に、「光陰矢の如く速やかなり」という文句がある。

あるいは、矢の速さよりも、時の流れの方が早いのかもしれない。Cimg6372

人は何時か生を終えるのだから、時はその人の財産なのだ。

その財産を無駄にすり減らすのは、あまりに勿体ない。

あなた!、今日をちゃんと生きましたか?Cimg6374

法事は、そんなささやきを思い起こす一時だ。

さて、明日は何ほどの生き方をしようか?

|

« 輪島と風土 | トップページ | 孫に牽かれて »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法事:

« 輪島と風土 | トップページ | 孫に牽かれて »