« 食農不一致 | トップページ | 祭礼 »

2008年10月10日 (金)

資本と利子

昨今の金融動乱のことではなく、私達の生き方の話だ。Cimg6377

元手を投下して、その結果生まれる利益を求めるのが企業活動だ。

だから、その元手の価値を温存しなくっちゃならない。

業績不振だからって、その資本を費消してしまうのは本末転倒である。

ところで私達は、その食い潰しを平気でやってきたようだ。Cimg6368

石油は、自然の生み出した再生不可能な資本だ。

何時か枯渇することが分かっていて、私達は消費し続けている。

環境汚染も、地球と言う資源を毀損しているのと同じだ。

もとよりたった一つの、かけがえの無い住家なのだ。Cimg6365

この点、再生可能な農林水産業は、利子に相当する。

とりわけ季節ごとの稔りをもたらす農業は、価値ある利子だといえる。

エネルギーの生産だって、十分可能だ。

林野もチャント管理すれば、エネルギーを含め様々な資源を生み出す。

ローマ帝国の滅亡は、森を乱伐して禿山にしてしまったのが一因とされる。

再生不可能なまでに略奪すれば、私達の生存が危うくなるのだ。

水や風、そして太陽光や地熱の福音を、

利子としてきちっと利用するのが本当の知恵だろう。

その最たる農林水産業を疎かにしてきた付けは、やがて歴然としたものになるはずだ。

|

« 食農不一致 | トップページ | 祭礼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資本と利子:

« 食農不一致 | トップページ | 祭礼 »