« 孫に牽かれて | トップページ | サムライの復讐? »

2008年10月 7日 (火)

心のままに

人間は、多分に感情の動物だ。Cimg6321

嫉妬や不安、怒りや焦燥、恐れと萎縮、好き嫌いや悲しみ、落胆に満足etc

私達は、毎日色々な感情の中で生きている。

時に、その感情のままに行動してしまったりもする。

そんな時、大抵は後悔が待っているのだが・・・。Cimg6352

この感情は、長ずるに従って内に秘めるようになる。

結果として、秘めた感情が悩みになる。

そんな時には、

大きく深呼吸して肩を三度回す。Cimg6345

ゆっくり十数えながら、好物を思い出す。

居場所を変える。

・・・・・てなことが、肝心らしい。

禅の世界に「而今(じこん)」と言う言葉がある。Cimg6314

「今」を精一杯生きることを言うのだそうだ。

「今ここ」にいる自分を意識することで、冷静な心底に帰るのだ。

自分の気持ちに忠実に生きることは、容易なことではない。

だが大抵は、見栄や体裁に囚われていることが多い。

望むらくは、自分の「人生と言う時間」を味わう程の余裕を持ちたいものである。

|

« 孫に牽かれて | トップページ | サムライの復讐? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

「今ここ」にいる自分を意識することで、冷静な心底に帰るのだ。
 客観的に自分を見るということでしょうか・・。私もついお茶に関しては熱くなってしまいますが、前のめりに自分がならないように、少しはコントロールできるようになりました。^^
 そんな中で、また自分を熱くさせる企画をしてしまったのですが・・。^m^)
『これからの茶業と向き合うために~女子から見たお茶の世界』という、講演&座談会を開催します。ブログのリンクをはらせて頂きました。久しぶりにお会いできれば光栄です♪

投稿: ゆう | 2008年10月10日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心のままに:

« 孫に牽かれて | トップページ | サムライの復讐? »