« 非日常 | トップページ | 浮月 »

2008年11月20日 (木)

浪費の価値

2兆円規模の定額給付金の話である。Cimg6659

残念ながら、これまでの日本経済は輸出によって成り立っていた。

それがこの10月、貿易収支が28年来の大幅な赤字になった。

世界の金融恐慌で、生命線の輸出が駄目なのだ。Cimg6663

本来資産大国のこの日本は、もっと消費をしなくっちゃいけないのだが、

年金不安とか生来けちであるとか、あんまり贅沢をしない。

この恐慌に突入しようかという刹那、何とか内需を喚起するしかない。Cimg6646

それが今回の給付金である。

だが、こんな嬉しい話は無いのに、何故か不評である。

それはこの2兆円が、一時しのぎでしかないことが分かるからだ。Cimg6638

瞬く間にその効果は消えてしまうし、その後が無い。

本当の内需拡大は、年金制度を磐石にしたり、

国土を限りなく活かして価値を生み出すことだ。

仮に、2兆円を呼び水に、年金の大部分を税金で賄う仕組みを作ったとする。

将来消費税の引き上げがあったとしても、国民は財布の紐を緩めることが出来る。

2025年には、人口の三分の一が65歳以上になるのだ。

彼らの心配事を払底してやるのが政治ではないか。

将来のこの国の有り様を見出すのが、内需拡大であるべきなのだ。

このままじゃ、この国はどんどん衰退するね。

|

« 非日常 | トップページ | 浮月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

仰る通りですね!国民の将来への不安を取り除き、地産地消!食糧自給率を上げ、国内を揺ぎ無いものに固めてからのグローバル化でなければ日本は滅んでしまいます。

投稿: Y | 2008年11月20日 (木) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浪費の価値:

« 非日常 | トップページ | 浮月 »